ぶち込められた空間の中で今や目の前に仇敵が掛かる

「廊下を直進して左側が人事部になりまして、向かい側の話し合い室の人に担当のものがおりますので——」
「ええ。ありがとう!」
あたいは所感が上ずっていた。
「それから、知人、おタイトルは……」
あたいは震え上がって一瞬気掛かりしかけた。今一度、息吹を整えてから丁寧に自己紹介する。
「菜々瀬涼子と申します」
「素敵なタイトルですね。名前負けしないように頑張って下さい」
「……」
エレベーターの入口が閉まった。
確実に足元を見られていた。しかしながらおっぱいのがたいはさておいて、形相だけなら確実にあのマミーに渡り合える自信がある。
あたいは周囲にクライアントが居ないのを確信すると鼻息を荒げた。
反対はもはやもはや始まっていたらしい。
もしも転職できたとしても、あのマミーは今し方の経験を自社で言いふらすだろう。
おチャンネル君が送信源泉の情報言明というのはそれほどまでにとてつもない早さで人伝に拡散して出向くものだ。
しかし、ここからは実際無駄口を口走るわけにはいかない。
そういう熱意を頑なに貫くべく、あたいは両手を頬にとことん投げつけると戦へ通う奥さん兵のように勇み足で走り回り始めた。脱毛ラボ メニュー